0
¥0

現在カート内に商品はございません。

自然栽培 新潟県産亀の尾 2kg 精米 (生産者:協同組合 人田畑)

¥2,530 税込
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
亀の尾(かめのお)は、明治時代に山形県の篤農家・阿部亀治により育成された日本のイネ品種でコシヒカリのルーツとされる良食味が特徴。
 味の良さから大正時代に広く栽培された亀の尾だったが、農薬や化学肥料を使用する現代的な農法に合わず、栽培も難しいため徐々に姿を消していった。
 現代では、日本酒作りの業界で、味付け米として根強い需要があり、「酒米」として有名な品種でもある。
 食味はさっぱりした中にも他の品種にはない風味豊かな味わいがあり、白米はもちろん玄米も美味しくいただける。
 数あるブランド米の原点的な品種である亀の尾をご賞味あれ。
 ※「亀の尾」もいくつかの県で栽培されておりこちらのお米が「在来種」か「純系淘汰」かどうかは不明である事はご理解いただければ幸いです。

【生産者:協同組合 人田畑(ヒトタハタ)について】
広大な新潟全土から環境に優しい農業を目指す農家が集まり、結成した組合。
『世界一おいしいNIIGATAをつくる』を合言葉に、おいしい農作物の生産や、世界一おいしいと思ってもらえるような体験も一緒に行っている。
1、多様な生態環境を学び、復活させる。
2、愛情豊かで栄養豊かな、健康でおいしい食べ物を作る。
3、田畑を人の輝くハレ舞台にする。
この3つを理念(ミッション)として活動している。
お米のたかさか
ページトップへ